IoT ZONEのコンテンツを全部紹介!「デジタルモノづくりサミット2020」【エコシステム・パートナー編】

デジタルモノづくりサミット2020」は、アイティメディアが2020年6月16日(火)~6月30日(火)の会期で開催中のオンラインイベントです。参加費は無料で、インターネットにつながる閲覧デバイスがあれば、会期中は24時間いつでも・どこからでも参加していただけます。

Armはこのイベントに特別協賛し、「IoT ZONE」を提供しました。本稿では、IoT ZONEにおいてArmのエコシステム・パートナー各社がお届けしているコンテンツを一挙に紹介します。気になるコンテンツがありましたら、ぜひイベントに登録の上、ご覧ください!

>>Armの出展コンテンツ紹介はこちらから<<

アィティメディア主催デジタルモノづくりサミット2020参加登録サイトへ

6つのサブゾーンのコンテンツをそれぞれ紹介

IoT ZONEは6つのサブゾーンで構成されており、そのうち5つにパートナー各社がコンテンツを掲載しています。ここから順番に紹介していきましょう。

1. IoTセキュリティ

市場・標準化動向から設計指針、具体策まで、ここで一挙に把握

IoTセキュリティの国際動向と注目すべき標準化技術の方向性(動画)【提供:セコム】
IoTにおいてセキュリティは既に実装されるべきマストな要件になりつつあります。実際に各国でIoTセキュリティに関する法規制が始まりつつあり、製品認証の枠組みも広がってきている状況です。ここでは、これらの動向について解説するとともに、IoTセキュリティにおけるデバイス管理の重要性についてIETFで標準化されている技術を例にとって紹介します。またアームが展開するサービスなどとの比較を通じて、今後の方向性についても分析します。

IoTセキュリティの国際動向と注目すべき標準化技術の方向性


組み込みセキュアエレメントで守るIoTセキュリティ(動画)【提供:大日本印刷】
組み込みセキュアエレメントを活用した、IoTのセキュリティ対策について説明します。IoTシステムにおいて暗号鍵は重要な役割を果たしており、安全に管理することが重要です。セキュアエレメントは、外部の様々な脅威から内部データを保護する「耐タンパ性」を持つため、IoTシステムでの暗号鍵の保護に最適です。本動画ではArm Pelion Platformとセキュアエレメントを組み合わせることの有効性も紹介します。

組み込みセキュアエレメントで守るIoTセキュリティ


IoTのために生まれたPSoC 6 MCUとArm PelionでIoTをはじめよう(動画)【提供:サイプレス セミコンダクタ】
IoT機器に求められる低消費電力性能はもちろん、セキュリティ性能(PSA Certified)、無線通信性能を搭載したPSoC 6マイコンは、Arm Pelion Device Managementへの接続が容易に行えます。この動画では、サイプレスPSoC 6の特徴機能をはじめ、IoT機器開発を助ける包括的なIoT-AdvantEdgeソリューションの紹介を行いながら、Arm Pelion DMへのセキュアな接続がいかに容易に行えるかをデモ実演紹介しています。

IoTのために生まれたPSoC 6 MCUとArm PelionでIoTをはじめよう


IoT機器のセキュリティ課題を解決(動画)【提供:NXPジャパン】
IoT機器の爆発的な増加に伴い、セキュリティ対策が重要な課題となっています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXP は、これまでに培ってきたセキュリティ技術をもとにIoT機器が抱える課題に対し様々なソリューションを提供します。今回は、高度なセキュリティ機能を備えたマイコン、LPC5500シリーズとi.MX RTクロスオーバー・マイクロコントローラを紹介します。

IoT機器のセキュリティ課題を解決


withコロナ時代に備えるIoTデバイスのセキュリティ(動画)【提供:ルネサス エレクトロニクス】
コロナと共存していく「新しい日常」の模索が始まっています。我々のモノづくりもAIやIoTといったテクノロジを活用し、この社会変容に向けた新しい製品やサービスを提案していく必要があります。この際に重要になるのが、個人情報やインフラを脅威から守るセキュリティです。IoTデバイスのセキュリティ対策とは具体的に何をすればよいのか、どんなマイコンを選択すれば良いのか、その肝となる4つのポイントを解説します。

withコロナ時代に備えるIoTデバイスのセキュリティ


デバイスからサービスまでをカバー、Azure IoT Security紹介(動画)【提供:日本マイクロソフト】
IoTは、組込み機器、ネットワーク、サービスと様々な要素から構成されます。IoTのシステムでは、これら全てについて考慮され、セキュリティを担保する技術やサービスが必要です。本セッションでは、IoTに必要なセキュリティとは何かを説明し、それを実現する、Azure Security Center for IoT、デバイス側でセキュリティインシデントを検知するSecurity Agent、MCUからセキュリティを実現するAzure Sphereを紹介します。

デバイスからサービスまでをカバー、Azure IoT Security紹介


2. IoTクラウドサービス

デバイス・通信管理や各種サービスのクラウド基盤が見つかる

AWS IoTを活用したセキュアで柔軟なアプリケーションの開発(動画)【提供:アマゾンウェブサービスジャパン】
IoTにおいてセキュリティは重要ですが、それだけでは製品は成立しません。顧客の課題を解決するアプリケーションと両立してこそ、価値のあるサービスを安全に提供できます。それを支援する AWS IoTのサービスに加え、ファイル保存やデータ可視化、動画ストリーミングなどを実現するサービスやアーキテクチャを紹介します。さらにArm Pelionが管理するデバイスにおいて、AWSと連携してアプリケーションを開発する方法を解説します。

AWS IoTを活用したセキュアで柔軟なアプリケーションの開発


センサー活用のハードルを下げ、IoTを素早く簡単に始める方法(動画)【提供:ウフル】
センサーからデータを取得することは、IoTの第一歩とも言えます。しかし、センサーからデータを取得するだけでも、デバイスやデータの取得方法の設計、そしてその実装…と様々なことを実行しなければなりません。IoTの開発/運用サービスであるenebularは、Arm Pelionを活用し、センサーからデータをより簡単に取得する取り組みを推進中です。その取り組みを、実際の利用画面を交えてご紹介します。

センサー活用のハードルを下げ、IoTを素早く簡単に始める方法


3. IoTエッジソリューション

AIエッジインテリジェンスやレガシーデバイス統合に応える

村田製作所が挑むデジタルトランスフォーメーション(動画)【提供:村田製作所】
村田製作所はInnovator in Electronicsを掲げる電子部品メーカーです。IoTにもお客さまが広がっていく中、お客さまに合った商品開発の必要性を感じています。これまで培ってきた部品やモジュール、組み込みソフトの技術をつなぎ合わせるだけでなく、ITやクラウドも包含したIoTでどうやってお客さまに新たな顧客体験を提供すべきか――。ここでは、その試行錯誤から生み出したIoT向けプラットフォーム「Pifaa」について紹介します。

村田製作所が挑むデジタルトランスフォーメーション


DX実現に向けたIoT導入におけるポイントとPelionの活用(動画)【提供:都築電気】
都築電気は、AIとIoTを両輪として、お客さまのデジタルトランスフォーメーション(DX)を企画から運用まで共創するパートナーです。AI活用ではデータサイエンスを駆使するとともに、運用フェーズまで考慮。IoTでは、アームのPelion IoT Platformの導入を推進しており、センサーからネットワーク、インフラ基盤やAIを活用した分析まで、トータルでサポートします。本セッションではPelionを利用したデモも実演。ぜひご覧ください!

DX実現に向けたIoT導入におけるポイントとPelionの活用


テレワークにも!IoT端末開発用Armマイコン STM32ソリューション(動画)【STマイクロエレクトロニクス】
さまざまな業界でIoTの取り組みが進む中、IoT端末開発ではコンセプト実証を始めるだけでも、無線通信、セキュリティ、消費電力など、多くの課題が存在し、それぞれの要素検討も容易ではありません。STは、IoT端末の中核となる最適なマイコンを提供するだけでなく、オフィスやテレワーク環境でもすぐに試せる豊富な開発サポート・ソリューションを用意しています。デモと併せて、その活用例をぜひご覧ください。

テレワークにも!IoT端末開発用Armマイコン STM32ソリューション

IoTをもっと自由に!意匠を妨げないソーラーパネルができること(動画)【日本精工】
もし意匠を妨げずに環境発電が使えたら? IoTの可能性が一気に広がるはずです。NSKが開発しているカラーデザインソーラーパネルは、現在主流の黒いパネルとは異なり、色彩性・デザイン性を表現できます。例えばインテリア用のポスター・ステンドグラスに組み込んで、屋内の余剰光から電力を生成し、センサーを駆動することも。アームPelionなどのIoT向けクラウドサービスにデータを送信する応用も期待できます。

IoTをもっと自由に!意匠を妨げないソーラーパネルができること


4. IoTコネクティビティ

IoT通信の性能、信頼性、コスト・運用効率の最適解を見極める

超スマート社会の実現に最適な無線ソリューションを提供!(動画)【提供:長野日本無線】
IoTを導入したいけどゼロから開発するのは期間も費用も掛かるし…とお困りのお客さまに朗報です!長野日本無線オリジナル製品のIoTプラットフォームを活用してIoTをスタートしませんか?セキュアで実績のあるPelionなどのIoT向けクラウドサービスとの接続もカスタム対応が可能です。長年培ってきた技術力を活かし、お客さまのご要望に応じた最適な無線ソリューションを提供します。ぜひご相談ください!

超スマート社会の実現に最適な無線ソリューションを提供!


5. IoTアプリケーション

モビリティ、リテール、公共などの事例やソリューションが集合

デンソーの考えるモビリティサービス時代に向けた技術開発(PDF資料)【提供:デンソー】
100年に一度の大変革期を迎える自動車産業において、 デンソーは新たなモビリティの価値創造に向けた取り組みを進めています。ここでは、ヒト・クルマ・サービスがつながる新たなモビリティ社会の実現に向け、デンソーの考えるモビリティサービスに必要な基盤技術を紹介します。

デンソーの考えるモビリティサービス時代に向けた技術開発


PoCや実証実験ではないロバスト性に優れたフィールドIoTシステム(PDF資料)【提供:松久産業】
本水位監視システムは、松久産業株式会社が開発・製造・販売している国土交通省基準準拠の危機管理型水位計をベースにしたシステムです。モバイル通信をはじめ、LPWAやPANに対応。水位計センサ以外に多くのセンサに対応し、静止画カメラにも対応。排水ポンプなどの監視も可能。また、エッジAIとサーバAIが利用可能であり、Pelion Data Managementが利用可能。Pelion Device Managementによる高いセキュリティも確保しています。

PoCや実証実験ではないロバスト性に優れたフィールドIoTシステム

>>Armの出展コンテンツ紹介はこちらから<<

アィティメディア主催デジタルモノづくりサミット2020参加登録サイトへ


お問い合わせ

Arm Pelion Device Managementについてさらに詳しくは、アーム株式会社 IoTサービスグループまで、こちらのWebフォームかメール( ARMKK-Sales@arm.com )にて、日本語でお問い合わせください。


IoTとデジタルトランスフォーメーションの理解が深まるオススメ記事

Armに加わったトレジャーデータのオウンドメディア「plazma.red」にてIoT x デジタルトランスフォーメーションの情報を発信しています。

Important Information for this Arm website

This site uses cookies to store information on your computer. By continuing to use our site, you consent to our cookies. If you are not happy with the use of these cookies, please review our Cookie Policy to learn how they can be disabled. By disabling cookies, some features of the site will not work.