デバイス管理はPelion、クラウドアプリはAWS、連携アーキテクチャの実装ガイドを公開


Pelion Device Managementは、“デバイスのスペシャリスト”であるArmが、IoTに特化して開発・提供しているデバイス管理サービスです。

デバイス管理におけるIoTならではの複雑な要件に応える仕様・機能・導入オプションを備えていることが大きな特徴で、それを当社では「Any Device・Any Vendor・Any Network・Any Cloud」と表現しています。すなわちPelion Device Managementは、どんなベンダーのどんなデバイスでも(OSの種別、コンピューティング資源の多寡、ベンダーによらず)、どんな通信ネットワーク経由でも(帯域幅に制約がある通信方式や、非IPベースの通信方式も含めて)管理することができ、どんなクラウドサービスとも連携してシステム構築が可能ということです。

IoTでは、多種多様なデバイスと通信方式が混在し、それらがさまざまなクラウドサービスと連携することで、最終的なソリューションが実現されます。だからこそPelionのこの高い柔軟性は、IoTソリューションを構築する企業や、ソリューションを導入する立場の企業にとって、大きなメリットをもたらします。

そこでArmの日本法人であるアームは、アマゾン ウェブ サービス ジャパンの協力のもと、デバイス管理にPelion Device Managementを適用し、クラウドアプリケーションやデータ分析にAWSを利用するアーキテクチャを採るシステムについて、ステップ・バイ・ステップの実装ガイドを作成しました。

その実装ガイドがこのたび、Amazon Web Servicesブログで公開されましたので、ここで皆さまに共有させてください。

Pelion Device Management管理下のマイコンデバイスにおけるデータの分析・可視化とアラート通知|Amazon Web Services ブログ <クリックで開く>

このガイドでは、Pelion Device Managementで管理されているデバイスから、ログデータをAWS IoT Coreにアップロードし、分析・可視化する方法について、具体的な構築手順をステップ・バイ・ステップで解説しています。さらにガイドの後半では、「施設内で出たアラートを、管理者に伝える」といったユースケースを想定し、デバイスのボタンを押すと管理者にメールが届く仕組みの構築方法も紹介しています。

Pelion Device Managementを利用している、あるいは検討していて、AWSをはじめとする各種クラウドサービスとの連携を視野に入れている皆さまにとって、非常に実用性の高いガイドになっていますので、ぜひご活用ください。



この実装ガイドで構築するシステムのアーキテクチャ(出典:アマゾンウェブサービスジャパン)

Pelion Device ManagementとPelion Edgeの導入ガイドもリリース

さらに、今回のAWS連携ガイドの公開にあわせて、Pelion Device ManagementとPelion Edge(IoTゲートウェイ向けデバイス管理サービス)の詳細な導入ガイドをArmで作成し、公開しました。それぞれ、アームのIoTサービスグループでシニアテクニカルアカウントマネージャを務める渡會 豊政と、スタッフフィールドアプリケーションエンジニアの髙橋 竜が作成したものです。

Pelion Device Managementチュートリアル <クリックで開く>
Plelion Device Managementは、Arm社が提供しているPelion IoT Platformを構成するサービスの1つで、IoTデバイスをセキュアに管理することができます。

無償で利用可能な評価用のアカウントも用意されています。このチュートリアルでは、Armが無償・オープンソースで提供するIoT向け組み込みOS「Mbed OS」が動作するデバイスとPelion Device Managementサービスの使い方を紹介します。Mbed OSデバイス側のプログラムのビルドには、Mbed Studioを使用します。

セルラー通信モジュールを備えたマイコンボードにセンサーモジュールを接続し、そのマイコンボードを実際にPelion Device Managementにつないで、センサーデータをクラウド側に送って確認するところまでをステップ・バイ・ステップで解説しています。

このチュートリアルを参照すれば、センサーの種別を増やしてIoTアプリケーションの機能を拡張したり、セルラー通信ではなくWi-Fiやイーサネットを利用したりといった応用も可能です。


この手順書では、Mbed、Pelion、AWSの各アカウント開設や、APIキーや開発者証明書の生成といった準備作業から、デバイス側サンプルプログラムの作成、ウェブサイトでの接続確認までカバーしています。

Pelion Edge チュートリアル <クリックで開く>
Pelion Edge(正式名称はPelion Device Management Edge)は、Pelion IoT Platform を構成するサービスの1つであるPelion Device Managementのエッジゲートウェイ向けソリューションです。無償で利用可能な評価用のアカウントも用意されています。

このチュートリアルでは、Pelion Edgeの最新バージョンである 2.0.0-rc1 の紹介およびそのビルドと立ち上げまでの一連の手順を説明しています。ゲートウェイを介してエンドポイントのデバイスを管理したい方や、エッジプロセッサを利用したアプリケーションを構築される方にとって、極めて実用的なステップ・バイ・ステップの手順書になっています。


この手順書では、機材やアカウントの準備から、ビルド、イメージ書き込み、デバイスの立ち上げ・ネットワーク接続までカバーしています。


お問い合わせ

Arm Pelion Device Managementについてさらに詳しくは、アーム株式会社 IoTサービスグループまで、こちらのWebフォームかメール( ARMKK-Sales@arm.com )にて、日本語でお問い合わせください。


IoTとデジタルトランスフォーメーションの理解が深まるオススメ記事

Armに加わったトレジャーデータのオウンドメディア「plazma.red」にてIoT x デジタルトランスフォーメーションの情報を発信しています。

Important Information for this Arm website

This site uses cookies to store information on your computer. By continuing to use our site, you consent to our cookies. If you are not happy with the use of these cookies, please review our Cookie Policy to learn how they can be disabled. By disabling cookies, some features of the site will not work.